So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

習い事 [筝曲]

同じ地域の先生仲間の人たちに
母が亡くなった時生徒さんを10名近く紹介した人が二人いて
こちらは仲良くしているつもりだったのですが
きのう機関誌に、
その紹介したふたりがコンサートをやった、
と2月たって初めて知って
結構へこみました

夫には「最近体調が悪いと自分で言っていたから
参加しないかとか、見に来ないか、
とか、声をかけたら悪いと思ったんだろ」
と、言われました。
その通りなのかもしれませんが、
たとえ参加できないにしても
地域的には近いので、
メールぐらいくれても、、
やはり、こちらは友人と思っていても
あちらはちがったのね~
と思ったのでした。


そこにダブルパンチで

本部のやるコンサートに
妹のこともあり
迷いつつ出ることにしたのですが
ひとりで演奏するのが
我が子と同い年の医者の娘で
我が子はその他大勢
それも前回のコンサートは
コンクールで入賞した子をひとりで演奏させて
我が子はやはりその他大勢
オーディションもなし。

今回は本部にたっぷり寄付できる裕福な子を優先させ
その子がうまければ納得なのですが
我が子より下手。
なんだか世の理不尽さを
(もちろん商売で本部はやっているのだから
平等は最初から期待してはいけないのでしょうが)
つきつけられ、がっかりです

発達障害グレーの我が子は気にしていないようですが
神経質な私はそういう不平等さが嫌いなようです

本部の偉い人にも不信感を抱き
先日の練習も行きたくない気持ちがありつついやいや行きましたが
偉い人は私の不満など知る由もない独裁政治ですので
ますます嫌気がさしました。
ちがう古くからいる先生も自分の子を優先させて
当然、という振る舞い

仕事ではないから
その団体にいる義務はないし
やめようかとも思いつつ
神経質特有の0か100かになってはいけないと
いやいや やっている状態で
趣味なのになんだか義務のような変な状況です


自分のやり方の下手さを嫌だと思っています
子どもも絡むとなおさら不快感倍増。
この団体に属していても
親が私では
子供にも独奏の機会はないかなと悲観しています





2018-04-04 11:36  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隣室の騒音に悩む人に [聴覚]

気持ちはよくわかります
今、我が家の外も
7時45分ぐらいから南側の改修工事で
低音がずっと続いています
昼休みもなく作業しているので
作業員の方が気の毒になるぐらいですが
その一方
うるさい時もあります
あなたが部屋の壁をドン、とやりたいという気持ち
よくわかります

夫は同じ音を今朝も聞きましたが
確かに低音は聞こえるが
別に気にならない
と、言いました
(夫は鈍感力がある人です
でも、私が音が気になる人ということは
知っていますし、今も事実として
低音をうるさく感じているということは伝えてありますが
共感は求めていません
生活に支障はないとはいえ
妻が何を嫌がっているかぐらいは知らせておこう
という感じでしょうか
たとえ夫婦でも
こればかりは神経質者にしか
本当の意味ではわかってもらえないので)

たぶん壁を蹴っても
音は止まらない
私が工事現場に行って苦情を言ったとしても
工事が終わるまでは音はなくなりません
壁を蹴れば足が痛いのと
下手したら家が壊れるだけで
損します

現実的には
避難もありかな、と
思っています。
私の場合工事は夜は幸いやっていません
あなたの場合、隣室でしかも昼夜問わず
苦情を言ってもやめてくれない現状なら
夜は家から逃げられないと思うので
テレビを見ている時なら
ノイズキャンセリングヘッドフォンはどうでしょうか。
テレビの音を大きくして
ノイズキャンセリング機能を使うと
低音ならまぎれて消えます

私は耐えがたい
という気持ちになる前に
予防としてノイズキャンセリングをすることがあります
夜なら加湿器で壊れた隣の室外機の音を消し
昼間なら工事の音から一番遠い部屋で
テレビをノイズキャンセリングで聞きながら違う作業をしたりとか。

音がずっと聞こえてくると
そちらに集中しがちになるので
もし試したことがなければ
一度お試しください

基本はうるさくても
うるさいという気持ちを
そのままにしてやるべきことをする
ですが
夜やるべきことが寝ることだから
寝よう寝ようと思うと
かえって寝られないこともあります

いっそテレビはビデオに録画して
静かな昼間に見て
音が聞こえる時間はミシンなど
音がする仕事をやる
という方法もありかな?
鈍感力がある家族なら
私の心の平和のために
ミシンの音ぐらいがまんしなさい
といえば
黙って気にしないでいてくれるのではないでしょうか

音がするのが常識的な時間なら
仕方ないとあきらめて
ノイズキャンセリングなどで
聞こえる音を減らしていくしかないですね(2018-02-06記)

タグ:騒音


2018-03-24 22:05  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

騒音に怒りを感じる自分を責めている人に [聴覚]

怒ってもいいんですよ
近所の騒音が気になって夜中に目覚めてしまう
早く寝てよ!という気持ち
よくわかります
私も外で道でボール遊びをしている子供がいると
どこか行ってほしい、と思っていましたから。

その、怒りの感情自体は悪ではありません
うるさかったらムカつくのはあたりまえです
ムカついたままでいいんです
そこで神経質者はやりくりをしようとします
こんなこと、近所の利害関係のある子供に思っちゃいけないんだ
うるさいと思ったらいけないんだ
他の人は気にしていないんだし
自分だけ気にしてムカついているのはおかしいんだ
気にしないようにしよう・・・
気にしない、気にしない、。。
でも、気になる
その繰り返しで自分を追いつめるわけです

森田療法を学んだ私は
今は音がうるさくてムカついたら
うるさいなあ、とつぶやきます
そして怒りの気持はそのままにして、掃除などやるべきことをします
夜近所の室外機が半端なく壊れた轟音を出していますが
それもうるさいなあ、と思います
自分は室内でクーラーだから気が付かないのでしょう
そう思うとむかつきます
そこでノイズキャンセリング
我が家の場合加湿器が
ごおごおいう機種なので
スイッチをいれます
うるさい音とうるさい音
掛け合わせるので
鈍感力のある夫は加湿器がうるさいと文句をいいますが
私の心の平和のために我慢しなさい、と言って
そのまま加湿します

自分勝手な私は人がたてた音には怒りを感じるのですが
自分が立てる加湿器の音は大丈夫なのです
それを承知の上で、音で音を消す、ということをして
自己満足して寝ます
ノイズキャンセリングには
テレビやラジオ、パン焼き器や洗濯機、食洗機もいいですよ
怒った気持ちをやりくりせず、行動です
(2018-02-06記)


2018-03-24 21:51  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

更年期の暗い気分に悩む人に [心理]

私も
低め安定の精神状態は結構長いです

離人感は、子供のころからあり
他人にはしっかりした子、といつもほめられていましたが
両親の不和や
クラスの子がいじめられていたり
転校したり就職したり転勤したり
そういう時決まって
自分が自分ではないような感覚にとらわれていました

ただ、その時誰かに何か悩んでいるの
と聞かれても
ない
と答える子でした

大人になってからも
自分がストレス状態にいる自覚がなく
抑圧してしまうようだと
大学の心理学を学んで
その後はストレス状態を夢で悟る
というやり方で
ストレスを知ることができるようになりました
(知れば対処できますが
自分でも知らないと対処できませんから)


子供を叱るときなど
外から冷静に自分を見る目がないと
叱りすぎて後悔することもあるので
むしろ有益?
私のアイデンティティーの一部かな、と
思って気に留めていません

低め安定の精神状態については
20代半ば
境界例の人が転勤してきて
上司がうつになり
先輩がノイローゼで仕事を休むようになったころはじめて
そういう日が続き
職場の臨床心理士に相談すると
あなたはおかしくない
と言われたので
単純な私は素直にそれを信用して
気分がくらいまま過ごしました
暗くないときは気が付かないので
いつ気分が変わったか記憶にないし
もしかしたらずっと低め安定かもしれません

ばねが伸びる前に縮みますよね
高く飛ぶ前に姿勢を低くするというか。
自分が暗い気分で落ち込みそうなときは
そういう状態と思っています
なかなかジャンプしませんけど。。

どちらも気になってもそのままにして
やるべきことを
いやいや
くらーい気持ちで
もう一人の自分に批判されながらでも
やる
日常生活に支障がないなら
自分がおかしいと悩む必要はありません(2018-02-06記)

タグ:更年期


2018-03-24 21:46  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の話を聞いてくれないと悩む人に [心理]

日本にパフォーマンスという言葉を紹介された
佐藤綾子さんが
皆、自分の話を聞いてほしい
だからまず相手に話をさせて
それから自分の話をすれば聞いてもらえる
と言っています

つまり、誰かに話を聞いてほしいなら
まず相手の話を聞かないと
私の話は聞いてもらえないわけで
相手の話を聞く余裕がないときは
一般人とは
話をしようとしない方がいい
ということです

自分の話だけを聞いてほしい緊急事態なら
最初にそれを相手に告げて、
私の話を聞いて下さいとお願いしなければ
私の話だけを聞いてあなたの話は聞かないというのは
対等な人間関係ではありえないということです。
私の話だけ聞いてもらって相手の話を聞かない関係というのは
夫や親友など特殊な相手だけ
それも親友にしょっちゅう「私の話だけ聞いて」と言っていれば
まず疎遠になるでしょうから
夫が愛情と忍耐をもって聞いてくれるぐらいで
現実世界で私の話だけ聞いてくれ
相手の話を聞かなくて済む相手は
普通の人の中にはまずいません

だから合理主義のアメリカでは
カウンセラーを雇う人が多いのでしょう。

日記や出さない手紙を書いて
文章にして言いたいことを整理し
現実世界でまたやるべきことをがんばる
そしてまたストレスを発言して客観化する・・
ガス抜きできれば
またがんばれますよね

親戚に相談しても消耗しただけ、とありましたが
私の親戚も相談相手としては全然だめです
一族全部自己主張が強く
人の話を聞けず
弱みを見せれば批判されるだけで共感のできない人たちなので
母が亡くなってから
試行錯誤しましたが
結局親戚という甘えが入る分始末が悪いと気が付き
今は最低限の事務連絡しかしていません
距離をとるのが苦手な神経質者は
他人のほうが距離をはかりやすいのでしょう(2018-03-09記)

タグ:人間関係


2018-03-24 21:23  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大きい音が怖いのに親がわかってくれない人に [聴覚]


心療内科に通うぐらい生活に支障があるのに
親はわかってくれず
大きな音がしていても平気で「親の話を聞け」、
というような鈍感力のあるご両親なのでしょうか。


せっかく心療内科にかよっているなら
ドクターから親に、
あなたが大きい音が怖いこと
大きい音が怖いことはおかしいことではなく、
問題は親がそれを受け入れず
がまんすればいい、気にしなければいいといっ
おいつめらてしまうこと。
だから、大きい音が怖いとあなたが言ったら
親は気にするなと言わず
怖いんだね、と、いったん受け入れてから
怖くてもやれることをやろう、という方向に
持って行った方がいいということを
話してもらってはいかがでしょうか

一番近くにいる親に異常扱いされると
傷ついてしまいます
でも、たとえ親はわかってくれなくても
それは親に鈍感力があるからで
あなたが異常だからではありません
神経質は病気ではないんです

世の中には大きい音が嫌いな耳の良い人はたくさんいます
それを自分も、周囲も受け入れれば
生活に支障はありません
小さい音でも聞き分けられることは
将来子育てなどでも役立つことはたくさんあります

学校でも笑いものになる心配をされていますが
自分から周囲の人に
「自分は耳がいいから
大きい音が怖いんだ」、と
言って
笑いを取ってしまえばいいんです

笑われるのは苦痛ですが
自分から笑わせるのは違います
神経質者のほうが相対的に少ないので
鈍感力がある人たちから見れば神経質者は変人かもしれません
特に学校のような等質を求めるところは
居心地が悪いこともあるでしょう
でも、学校の友達とは学生の間しか会うことはないので
たとえ変人扱いされても
それが一生続くわけではありませんが
もしそれをネタに嫌がらせされるようなら
先生や親に話して対処してもらう必要があります
神経質者でも鈍感力があっても
いじめられて黙って我慢しなくていいんです

あなたの神経質が
あなたの家族や周囲の人を救うことも今後あり得ます
神経質は一生かわりませんが
神経質であることはマイナスな性質ではありません
まずは親から、理解してもらいましょう(2018-03-09記)


2018-03-24 15:48  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分勝手な母に悩む人に [心理]


更年期は、
人によって症状が激しく異なるのですが
友人のお母さんは更年期であることを認めず
医者に行くことも拒否していましたが
ある日二階から飛び降りようとしたりしたので
娘が母の代わりに婦人科に相談に行き
薬を処方してもらい飲ませたと言っていました。
お母さんが医者に行かなくても
そういう方法もあります。



「もし家を出たら母には誰もいなくなってしまうので心配」
ということは、あなたは本当は家を出たいのでしょうか。

私も若い時、母と二人ぐらしで
職場の人に「いわゆるパラサイトシングルね」
と言われて、心の中で激しく反発したことがあります
夫に裏切られて捨てられた母を
私も捨てたらかわいそう
と思って家から出られずにいたのです
自分は寄生はしていない、
家のお金も食費も払っているからパラサイトではない。と。

でも、
良かれと思っていたことが実は家族の自立を妨げていた
ということもあったと思います

父は母と別れて、お金をくれる人がいなくなったら
依存症が軽減しました。
当時は父を見捨てたと、激しい自己嫌悪に襲われましたが
結果的に、家族から離れ、甘える人がいなくなったことが
父にとって良かったのです。
母からも心理的に距離をとることができるようになった矢先
母は病気で亡くなってしまいましたが
もっと早く職場の人が指摘してくれた時に
母から
心理的に距離をとることができていたら
私も母の影であると悩まなくても良かったかもしれません


お母さん、あなたに甘えていますよね?
「毎日お酒を飲んでいます。
お風呂にも入らないし、歯も磨かない。」状態って
あなたに
自分がどんなにつらいかをアピールしているように見えます。
アピールする娘が家にいなくなったら
意外と
普通のお母さんに戻るかもしれません
風呂も、歯も、衛生の点では必要ですが
垢で死ぬことはない、と、昔の人が言っている通り
かゆい、虫がわくなどの不都合がないなら
お母さんのペースで好きにさせてもいいかもしれません

全てひとりで対処するのは苦しいと思うので
専門家の援助を受けながら
物理的はすぐには無理でも、心理的に
お母さんと距離をとる方向で行動されると
結果として家族それぞれが
良い方向に行くのではないでしょうか。(2018-02-20記)

タグ:更年期


2018-03-24 15:16  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気分が沈む自分に悩む神経質な人に [心理]

20代半ば
境界例の人が転勤してきて
上司がうつになり
先輩がノイローゼで仕事を休むようになったころはじめて
そういう日が続き
職場の臨床心理士に相談すると
あなたはおかしくない
と言われたので
単純な私は素直にそれを信用して
気分がくらいまま過ごしました
暗くないときは気が付かないので
いつ気分が変わったか記憶にないし
もしかしたらずっと低め安定かもしれません

ばねが伸びる前に縮みますよね
高く飛ぶ前に姿勢を低くするというか。
自分が暗い気分で落ち込みそうなときは
そういう状態と思っています
なかなかジャンプしませんけど。。

気分の暗さが気になってもそのままにして
やるべきことを
いやいや
くらーい気持ちででもやる
それが森田療法の考え方です


2017-08-19記


2017-12-03 22:48  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上の騒音で寝られない人に [聴覚]

早く寝てよ!
よーーーくわかります
私も外で道でボール遊びをしている子供がいると
どこか行ってほしい、と思っていましたから。

その、怒りの感情自体は悪ではありません
うるさかったらムカつくのはあたりまえです
ムカついたままでいいんです
そこで神経質者はやりくりをしようとします
こんなこと、近所の利害関係のある子供に思っちゃいけないんだ
うるさいと思ったらいけないんだ
他の人は気にしていないんだし
自分だけ気にしてムカついているのはおかしいんだ
気にしないようにしよう・・・
気にしない、気にしない、。。
でも、気になる
その繰り返しで自分を追いつめるわけです

今は音がうるさくてムカついたら
うるさいなあ、とつぶやきます
そして怒りの気持はそのままにして、掃除などやるべきことをします
夜近所の室外機が半端なく壊れた轟音を出していますが
それもうるさいなあ、と思います
自分は室内でクーラーだから気が付かないのでしょう
そう思うとむかつきます
そこでノイズキャンセリング
我が家の場合ペットボトル加湿器が
ごおごおいう機種なので
スイッチをいれます
うるさい音とうるさい音
掛け合わせるので
鈍感力のある夫は加湿器がうるさいと文句をいいますが
私の心の平和のために我慢しなさい、と言って
そのまま加湿します

自分勝手な私は人がたてた音には怒りを感じるのですが
自分が立てる加湿器の音は大丈夫なのです
それを承知の上で、音で音を消す、ということをして
自己満足して寝ます
ノイズキャンセリングには
テレビやラジオ、パン焼き器や洗濯機、食洗機もいいですよ
怒った気持ちをやりくりせず、行動です
参考になれば幸いです
20170813記


2017-12-03 22:35  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

騒音に悩む人に [神経症]

音が気になるというのは
一般的には神経質だと否定的に言われますよね
だから数人に話したことはありますが
「気にしなければいい」
とアドバイスされました
今思えばみんな神経質でなく鈍感力のある人でした
でも
どの強迫神経症でも同じですが
気にしないで済むなら
だれも気になんかしませんよね

気になってしまうのを
無理に気にしないようにするのを
森田で「やりくり」するといいます
そんなことせずに、
気になるような音は
気になるままにして
やるべきことをやる

その考え方を森田療法ではじめて知りました

気にしないとか気にするとかではなく
そのまま
嫌な気持ちのままでいる
そんなやり方があるのを
大学で心理学を学んでおきながら
知らなかったのです

理屈に納得すれば
言い訳や反論をせず
とにかく従ってみる
その選択しか私にはありませんでした

ここにたどり着くのに10年かかっているのですから
試して失敗しても失うものはありません
神経質者は頑固といいますが
納得さえすれば
素直なのが私のとりえなので

素直に従ったら
嫌いな音を聞いたときの
震えや動悸が消えました

ただ、不安はあります
森田先生も
不安は一生消えないとおっしゃっています
生きていれば不安があって当然ですよね

でも、不安があってもそれを相手にしないで
やるべきことをやる事で
不安は短時間で消えます
ネットで検索される方もありますが
あちこち検索するのは不安を増すだけです
不安があっても
それを相手にしない生活ができるのを目標にしましょう

2017-07-14記

タグ:


2017-12-03 21:17  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前の10件 | -


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。