So-net無料ブログ作成

音楽の先生 [筝曲]

今年もボラで
中学に行きはじめましたが
やはり筝をみたら
五がE
口でいうとき移動ドだと
ミラシドミファラシド・・というのだけど
楽譜に五がDと指示があれば
当然筝の五の音はピアノでいうレになります
三年前から移動してきた音楽の先生が
自分は筝ができるとおっしゃって
調弦もとってくださるのだけど
いつも五をEにしてしまう
その人が担当ではなくなっても
ということは教科書の書き方が悪いかと思って
指導書をみると
ちゃんと五線譜がついてて
フラット二つのレが五になっている
ボラでいったので音楽ではない先生しか
いらっしゃらなかったので
その先生にはよく言っておいた
家元はそんなにその先生がEでやりたいならやらせておけば
とおっしゃったので
授業まで口出しする気はないけれど
ボラで私が行くときには
毎年なおしていますよ
二十面以上ありますが。

知らないなら聞けばいいのにと思いますが
自分は音楽大学を出ているというプライドと
筝の先生なんて
先生とつくけど大したことないと思っている
もっといえばことなんてかんたんさ、と思っている
大学の筝曲教育で先生の卵たちをおだてすぎて
邦楽は奥が深いということがわかっていない
そうです、コトは簡単です
簡単でなければ時代をこえて
平安時代から今まで残るはず、ないでしょう

とっつきは簡単だけど奥は深い
音楽の先生なら
自分の専門外の楽器の専門家に敬意をはらってほしいですね!

それからネットでつめを買ったようで
象牙の偽物の上にふつうは指のカーブに沿っているのですが
まっすぐな、ひどい爪が置いてありました
それも、中学生のゆびなら
指輪サイズで一号や二号など不要なサイズも入っていました。
安ければいいのでしょうが
地元に楽器屋さんがあるのですがら
今後の楽器のメンテナンスを考えると
ふつうの爪を購入された方が
いいのでは?
糸が早く痛んだら
安い爪でかえって損すると思うのですがね
機会があったら先生様に直接話しますが
たぶんあえないでしょうから。


2016-09-26 23:15  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病気との共存 [心理]

がんといわれても、
そんなに衝撃をうけなかったのjは
その前にGGOといわれ
セカンドオピニオンもうけていたのもあるし
かかりつけの歯科医の父上に
病気と共存すればいい
考え方を変えなさい
といわれたのもあります

それに、思えば
十代から
膠原病で昔なら余命はあと五年といわれ
病気と共存は慣れていたのでした
その膠原病も漢方医との出会いで
完治しそうだし。
一生治らないといわれていた膠原病が治るなら
がんだってなおるかもしれないでしょう
治らないまでも
すぐ死ぬということはないでしょう

そういうわけで
ほかの人の心は推測するしかないけれど
ふつうに健康な人が
急にガンカモ、と言われるよりは
病気もちの私のほうが
よほどがんの衝撃は少なかったと思います
また病気?
という感じで。

それでも
GGOと言われた後はそうとうおちこみましたし、
当時は前述の歯科医をはじめ
漢方医や恩師、親友、安保先生など
たくさんの方になぐさめと励ましをいただきました
ずっと病気でいたことで衝撃がへったなら
病気も悪いばかりでもない。
大病を患って
人の素晴らしいところをたくさんみつけられたなら
病気になったかいもある

兼好法師も
病気になったことのない人はお友達にならない方がいいよと
言っていらっしゃるし
傷口からあなたのやさしさがしみてくると
星野冨弘さんもおっしゃっている
新版 愛、深き淵より。


花よりも小さく (花の詩画集)


あの時から空がかわった (いのちのことば社) (Forest books)


新訂 徒然草 (岩波文庫)


疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)


免疫革命 (講談社+α文庫)


ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力











神様は耐えられない試練はお与えにならない









小型聖書 - 新共同訳


新約聖書入門―心の糧を求める人へ (光文社文庫)








命の危機より
ボールの音をおそれるのって
バカみたいだけど
人間らしいかな

タグ:がん


2016-09-26 22:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GGOの次は [心理]

肺のGGOは変化なし
でも、ほかに新たに腫瘍ができたようです
医師には手術してとって
がんかどうか確定させたいといわれました
ちょうど近藤先生の本を読んでいました
とりあえず当分様子をみたいといって次回を予約しました
母と同じタイプの肺がんなら
半年で死んでます
でもまだ死んでいないので
それならがんだとしても
共存していくつもりです
ただ、万一のため
コモモには家事全般を教えてあります
これはがんのためというより
私が弱いので
何かあったときのため
そして母が私にしてくれたように
小学生のうちに家事ができれば
何があっても一人で生きられるから

おりしも有名人ががんの闘病を頑張っていらっしゃいます
ご家族と相談して一番良い道を選ばれたのだと思うので
私にどうこう言えるものではありませんが
近藤先生にセカンドオピニオンを
お願いしてみるのも一つの方法かな、と思います
私の場合はセカンドオピニオンで
ノバリスについて詳しく以前に聞いているし
無症状なことから
セカンドオピニオンに近藤先生のところに行ったとしても
ほっときな、と言われそうなので
行かないつもりですが。
また、あこがれの安保先生も
がんはストレスが原因だし
自力で治ることもあると
おっしゃっていますから
自力でなおします
がん患者よ、近藤誠を疑え


近藤誠の家庭の医学


安保徹のやさしい解体新書

タグ:肺がん GGO


2016-09-26 22:16  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。