So-net無料ブログ作成

祖母の葬儀で [心理]

先週祖母が100歳で亡くなりました。

伯母がひとり
アルツハイマーですが
子供たち(私のいとこ)がずっとつききりでささえて
トイレの入り方も忘れているのを、
優しく教えてあげていて
見ていて家族愛を感じました。

焼き場でも、その家族はがっちり固まって
仲良く話をしていました
お母さんが「ありがとう」が口癖で、
いらいらしたりしないし、
もしかしたら普段は違って
外面がいいだけなのかもしれないけど。

アルツハイマーの娘も、子供一同の花にはお金をだしていましたが
そのほかに孫である子供にも余分に
花を出せといってださせていました。

伯母はまだ生きてるんだから
伯母の名前でだせば、いとこが出す必要ないのに(もちろんだしたければ出せばいいけど強制されるのがふつうなのでしょうか?)
そういうのをとりしきる次女の真意がよくわかりません。
そのいとこにもださせるなら
次女の副社長の息子にこそ出させるべきだと思うのですが
なぜか自分の息子には
「悪いけど葬儀でてくれる?2万でいいよ」と電話していました
副社長なら言えば花ぐらい出してくれると思うのだけど。
(私には花込みで10万出させようとしたから
私は孫であって、母の代わりではないし、
そんなに急に出すことはできないと
断りました。
みんな貧乏なんだからと切れましたが、また電話がかかってきて多少減額してくれました。でも普通に孫が出す額をはるかに超えています。母が死んだというだけで、子供は母の分まで出すのかと、大いに疑問を持ちました)
みんな貧乏だけど副社長は貧乏じゃないのです
自分が子供の立場で出せないなら孫である息子に頼めばいいのに。
言いにくい息子に言わず、姪たちには情け容赦ないので
こんな人かと
がっかりしました
そもそもみんな貧乏ならなぜ無理して盛大にやろうとするのでしょう?もう100歳なのだし
自分たちの身の丈に合った葬儀をもっと地味にやればいいのに。
みえっぱりなのでしょうね

どっちみち、こういう人たちだから
私や夫が万一亡くなっても葬儀はやらないで
購入してあるボックスに
骨を入れておけばいいよとコモモと妹には言いました
葬儀で払うお金はもったいないです
参列している人も全然悲しんでいませんでした
そのうえコモモは兄弟もいないのに

こういう苦労は私の代で終わりにします
母が早くに亡くなったからいけないんだけど。
逆縁は不幸の元とは本当でした。

まだ
母のきょうだいとその夫たちが生きているので
また葬儀では出した分だけよこせというんだろうと思うとうんざりです
出した分ならとっくに伯父の葬儀で返しています
香典ってそういう借金みたいなものとは知りませんでした。
そんなことなら出してもらわなくてよかった、と本気で思ってます
でも実家の人はあとひとり
ほかのきょうだいはきっと世にはばかるから当分いいでしょう

タグ:葬儀


2016-02-02 15:09  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

離婚した伯父が天国へ [心理]

なくなった伯父は伯母と離婚していました。
母の葬儀でも香典はなし
違う伯母が葬儀に行くように言ってきました
でも亡き母が伯父の葬儀には死んでもいかないと言っていたので
断りました。
代が変わって死者の恨みはリセットされるのでしょうが
ひとつは
うちの父が亡くなっても
母の姉妹を葬儀によぶことはしません
離婚した連れ合いの親戚はつきあっていないなら
もう関係ないのでは?
というのと、

母がずっと嫌がっていて、それなりに理解できる内容で
母が葬儀に行くなといったのは伯父ひとりだけ
伯母たちには、生前
母が黙っていたので伯父と母の間のもめごとも
母が葬儀に行かないとまで言った気持ちも
説明しても信じてもらえませんでしたが
そんな母の気持ちを尊重したかったのです

伯母たちに母に香典をもらっているなら行くべきだといわれましたが
もらってないというと、
結局
好きにしなさい
だけど世間が狭くなるよと脅されました。

世間はもうせまいでしょ
というか
母が亡くなるまで
入院中も死後も一切
精神的にも助けてもらった記憶がない伯母の
離婚した夫に
何の義理があるのか、よくわかりません

私には母の死以上に今後
伯母たちに精神的に助けてもらえる場面を想像できません

私や夫の葬儀は家族葬にします
香典もいりません
本当はお金の問題じゃないのだけど
伯母たちがお金にこだわるのでなおそう思います
母の葬儀も
そのことでいろいろ言われるなら
やらないほうが良かったと思います

タグ:葬儀


2016-02-02 14:47  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。