So-net無料ブログ作成
検索選択

すぐ手術ではなく。 [心理]

3か月前のGGOが増えているかどうかの検査があり、
結果の説明がありました。

前回同様 複数あり、
手術してとると、がんだけど、
そのままにしておいて大丈夫な人もいるそうで
三か月で急に大きくなったり、増えたり、色が濃くなったら手術して取る、ということで。
CTではGGOは消えておらず、
前回と同じぐらいの濃さと個数で、

増えていないからすぐ手術はしない。

ペットで調べられるのかと質問すると、
がん細胞が糖を取り込むから光るところを発見できるのが、ペット
GGOは光らないからわからない。

気管支鏡で調べようにも、
GGOは薄すぎてレントゲンに映らないから、
胃カメラのようにレントゲンをみながら組織を取る気管支鏡の検査はできない。
これは、気管支鏡は苦しいと聞いていたので、
やりたくなかったので、吉報。

ノボリスはがんとわかっていないとつかえない。
GGOは取ってから組織を調べて
がんと決まるものだから、
あらかじめがんと決まらないので、適用外になると思う。
もしかしてノボリスを使ったとすると、
がんかどうかがわからないまま使うことになるから
使えないのではないか。

半年あとに検査して、大丈夫なら次は一年後、その後は一年ごとで経過をみるようです。

GGOは強いストレスが原因でがん化するようなので、
母ももしかしたらGGOがあり、
それが父との離婚や転勤などの一連の出来事で
強いストレスでがんになったのかもしれないけど。

私は幸い夫に恵まれているので、
家族について母と同程度のストレスを受けることはまずないと思います。
細かいストレスはいろいろあったとしても、
神様がついてると思えば
その都度解消していける程度だと思っています。

人間ドッグを普通に受ける程度の気楽さで、
今後は検査を受ければいいかなと思っています。
その結果もし腫瘍が大きくなったら
その時にノボリスなり、手術なり考えればいいかな、と。

給料あがらないし、家計が苦しいから
がん保険はやめようかと、春に考えていたのですが、
やめなかったので、幸いでした。
多分新規にはもう入れないかもしれないから
今の保険を大事に続ければ
いざというときの医療費の足しになるかな。


いろいろご心配をおかけしました。

全くの白ではないけど、
アトピー、アレルギーも
(たまにひどくしてしまいますが)
おおむねうまくコントロールできているので、
このうえに、肺のGGOがプラスされても、症状もないし、
うまく共存していけると思います

結果から数週たって、
結果を知るまでの一週間もいい気持ではなかったのですが、
結果を聞いてからの一週間も何だか気分がはれず、
今すぐ手術ではないのになあ、と、疑問を感じていました。
たいてい確定申告の始まるバレンタインの時期には、
春めいてきて、花粉でかゆくもなりますが、気分は春で、明るい気持ちになるのですが、
今年は寒いせいもあるのか、すっきりしませんでした。
今の方が状況はかわりませんが、少しは元気かな。
でもコモモをスキーやスケートに連れて行く元気はゼロです。ごめんコモモ。




タグ:GGO