So-net無料ブログ作成
検索選択

心の中と社会での行動 [心理]

キリスト教は母の上司が三浦綾子の本を貸してくださったり、

同僚がプロテスタントで

家に来て聖書の話をしてくれたりしました



母は敬虔な仏教徒とまでは言えません

ごく普通の日本人

神社も拝めばお寺にも行き、クリスマスも祝って、迷信や占いやたたりも時には信じてしまいます

小さいときにはお寺で法話を聞いていたそうです

困ったときはお経を唱えます

だけど「仏陀を信じている」のとは違う気もします

自分に都合がいい時は信じるのだけれど、

どれも心の底から納得して信じているわけではありません

だから新興宗教に誘われても

お付き合いでお参りに行くことはあっても決して入信はしません

こういう「普通の日本人」だからこそ、三浦綾子の小説も素直に読んで感動するし、

クリスチャンの同僚がキリストの話をしたいといえば

家に連れてきて知り合いが集まったとき彼女が話すことも抵抗がなかったのでしょう



何かを強く信じている人になら

違うものを信じさせることも可能かもしれませんが

何も信じていない人には

逆にどんなに良いことでも信じさせるのは難しいのです

日本人は周囲を不快にしないために

自分があまり信じられそうにないことでも安易に同調しがちです

たぶんこれが、昔イエズス会などが一生懸命布教し、

手ごたえを感じていたのに

西洋の国とちがって日本人が思ったほどキリスト教徒にならなかった理由ではないかと

私はひそかに思っています



仏教では

病気は決して説明できない

というか罰とか因果とか信じたくない内容ばかり。

母はそういうことは信じて苦しんでいました。

仏陀さんはそんなことは言っていませんが、世間はそういうんです。

新興宗教も悩む母に誘いに来ていろいろいったけど

結局病気が治らないのは信心が足りないからだ。

信心イコールお布施をもっともっと、

という宗教ばかり。

私が属しているのはプロテスタント教会。

キリスト教という信仰に迷いはないけど

この教会が完璧かどうかは何ともいえません

人間のすることだからどんな集まりにも欠点はあるでしょうし。


無教会派のクリスチャンの友達は、

純粋に信じているのだけど

一緒に学ぶ人が独自の解釈をしてしまったりしていることがあります

自分だけだと多少自分のいい方に解釈が偏って

その偏りが気にならない人はいいのでしょうが

どうも私自身が気にしてしまうので

日本のスタンダードのプロテスタントで大学で勉強もしている牧師のおられる教会に通っています




もともとイエスが

ユダヤ教のかたくななところ

自分の民族だけ救われるという考えや

その時代の悪霊

今なら占いとか先祖の霊とかたたりとか

そういうものを「信じない」という意味での

無宗教がクリスチャンだと

田川建三という人が言っているのをつい最近知りました



お墓参りや地域の盆踊りも

宗教ではなく伝統文化として尊重して

お経を読んでいる時ならアーメンといえばいいと

99歳で亡くなった信仰のベテランに昔教えてもらったことがあります

田川さんの話を知って、これはそういうことかと思いました。

99歳まで信仰を貫き、なおかつ社会から離れずに生きてきた人はすごいなあと思います



でもそれこそ信仰は自由だから

私がそうするからみんなそうしたらという意味ではありません。



コミュニテイの中で祭りに参加しない人(祭は神道の行事だから参加したくないと考える人)の悪口を言ったり

変わり者扱いしたりするのは、憲法の言う信仰の自由の考えからいえばおかしなことでしょう。

でも悪く言う人たちは、参加しない人の信仰を悪く言っているというより、

地域行事にどうして参加しないのかが理解できていないのだと思います。

自分たちも大して信仰しているわけではなく

地域の親睦を深めるための行事だから参加してほしいと思うのでしょう。

地域の神社が公民館になっていて当然で

公共の建物に地鎮祭を公費でやるという感覚は

長年の習慣でやっていて、おかしいと思う人がいても

それも自由なのだけど、「なぜおかしいのか」も何かを深く信じていなければ理解できないのでしょう。



春分の日の前にコモモが

「春分の日はお墓参りにいくんだって」

と先生に言われてきたときは

お彼岸って仏教の宗教行事だから

宗教教育をしない公立学校が言っていいのか?と疑問に思いました。

でも大部分の日本人にとってはお墓参りは仏教とは結びついていないんですよね

お寺にお墓があっても。

日本はそういうことに鈍感というか先祖を敬うことはどの宗教もあることだし

墓参りはお寺に墓があっても日本の伝統であって宗教でないというか



コモモにはおばあちゃんはお墓にいないよ

天国にいるんだよ

というと

骨はお墓でしょ

と言い返された。

それはそうだけど

お墓に「拝み」に行くつもりはないので

少し困りました

日本の伝統だから、法事もキリスト教の記念式も七五三参りも

経験させようとしているけど

コモモにとっては私の思う「宗教」も「伝統」もまだ区別はつかないから

神仏が渾然としてしまい

かえって害になるかなあと。


君が代嫌いの先生が公務員だから一応立って口パクするのと同様

形式だけみんなに合わせたとしても、心の中はその宗教を信じているとは限らない

という説明はまだコモモにはできません

なぜならおしゃべりコモモはそんなことをもし私が言えば、意味もわからず

お坊さんに

ママが仏様は神様と違うって言った、とか

その集団の人たちが信じている大事な仏様を平気で冒涜してしまいそうだから



他人の信仰する宗教を尊重しつつ自分は自分で信じること

社会と対立せずに信仰を貫くこと



いずれ仏教でもキリスト教でも

よって立つ宗教は、犯罪と無関係な昔からある宗教の中でコモモには自分で選んでほしいけど

というか「自分が選んだ」と確信してほしいけど

ある宗教を信じる人のように一切自分の宗教以外の行事は出席しないというぐらい徹底していた方が

子供は逆に反発するにしても受け入れるにしても選びやすいのかなとか

あれこれ悩んだりしています。



2012-04-04 22:07  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分で選んだの? [心理]

遠藤周作の随筆を読んだことありますか?

子どものころにカトリックを信じると誓ったけど、

自分の本当の気持ちなのか確信がもてず

自分はキリスト教徒だと悟るまでに

ずいぶん悩んだようです


私も母が箏をやっていて

目の前にいつも箏があり、曲が流れ、いつでも弾ける環境に育ったから

自分が選んだのかどうかにずっと確信がもてませんでした

NHK邦楽技能者育成会にいって

自分の演奏力が一定の水準以上ではある

ということを客観的にみてくださるように周囲はなりましたけど

今でも実は自分が本当に筝を好きかどうかわからないのです

すごく熱心な人はひたすら昼も夜も邦楽の曲を聴き

暇があれば練習します

そういう人は大抵自分で選んだ人

何だかそういうところが自分に欠けているというか・・

妹は一切やってないから

私は結果として筝を弾くことを選んだことになるのでしょうけど

あれこれ言って

自分が選んだ責任から逃げたいだけなのかもしれません




2012-04-04 22:05  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感