So-net無料ブログ作成

亡き母を忘れることに罪悪感を感じる人に [心理]

森田療法の創始者森田正馬博士が
「私はいま子供の夢を見る事も、ごくまれであるが、心の中には幻覚でも幽霊でも構わぬ、その顔を見たい、その声を聞きたいのである。」
「自分は気が狂っても、地獄に陥ちても、ただその子に会いたいという心がいっぱいであるのである。すなわち心は決して自分の事ばかりに内向的に向かわず、一途に外向的にその子の事を悲しむだけである。」
(森田正馬全集5巻より一部抜粋)
と言われていますが
私も母が亡くなってから、
そのように思っていました。

今でも母に面影が似た人とすれ違うと
少しだけ幸せな気持ちになります。
母に似た(といっても当然女優さんの方が美人なのですが)人がテレビに出てくると、懐かしさをかんじます
夢に母が出てきたら、うれしく思い、
化けて出たとは思いません

つまり、仕事が忙しかろうが、大丈夫です
お母さんを忘れることは、ありません。
瞬間的に頭から離れたように感じたとしても、
私が10年たっても夢にでてきたり、
思い出したりしているのに、
どうして 数か月で忘れることができるでしょうか

それに、万が一お母さんを忘れたとしても
お母さんは あなたが幸せに暮らしているなら
天国でにこにこ見守っていてくれます

霊感商法などで
「先祖が思い出してくれなくて
供養してくれなくて
たたっているから
何百万円のツボを買いなさい」
という詐欺がありますが
冷静に考えてください
あなたが死んで、
天国に行った後、
子孫があなたを思い出さないからといって
あなたは子孫に不幸なことを起こしてやろうと思いますか?
私が死者なら
わたしを忘れてくれていいから
子孫には幸せに暮らしてほしい
そう思うのですが。

死者を忘れることは罪ではないので
罪悪感を感じる必要性はありません。

もし、ひとつ残らず覚えていたい
そう思うなら、
空いた時間に
ノートなどに
お母さんの
記録を残しておいてはどうでしょうか?

悲しい気持ちを押し殺すには
数か月では早すぎます
べそかきながら仕事しても
大丈夫ですよ
森田正馬全集 第5巻


2017-02-28 21:38  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。